豊かな環境、昔ながらの製法から生まれる “高品質バター”
ギーの味と品質を決める一番の要素は、素材となるバターにあります。
アハラギーで使用しているバターは、カリフォルニアにある「シアラ・ネバダ・チーズカンパニー」から直接仕入れています。当然、オーガニックでグラスフェッド(牧草飼育)であることはもちろんのこと、発酵や撹拌の作業をあえて時間のかかる昔ながらの伝統的な「チャーン製法」で行うなど、アハラギーにとって最高のパートナーです。

アーユルヴェーダにおいて、撹拌をゆっくりと行うことは非常に重要で、時間をかけて行うことで消化の炎である「アグニ」が活性化されるとされています。

全てはアーユルヴェーダ学校での出会いから始まった
アハラギーは2011年に2人のアーユルヴェーダスペシャリストによって創設されました。
創立者のアンドリア・シャーマンとマーティン・ラムキは、西アメリカで最大のアーユルヴェーダの学校である「California College of Ayurveda」(カリフォルニア カレッジ・オブ・アーユルヴェーダ)で出会いました。

卒業後サンフランシスコで共同で開業し、2人は自身のクライアントたちに、代謝を整えたり消化を助けたりする目的でギーを勧めていました。しかし、なかなか自主的にギーを作る方は少なく、また市販の商品に満足いく品質のものがないこともあり、ギーを日常に取り入れずらいことが悩みの種となっていました。そうして数年間サンフランシスコで活動したのち、アンドリアはポートランドに活動の拠点を移し、独自にギーの開発を始めます。後に、マーティンもポートランドへ移り、共に自身のクライアントに自信を持って紹介できるギー作りを本格化させていきました。
直火でじっくり、手作業で仕上る“こだわり製法”
大量生産の設備ではなく、小量ずつ直火で、時間をかけて丁寧に手作業で仕上げています。
Copyright ©AharaRasaGhee/アハラギー 日本公式サイト All Rights Reserved.